車下取り

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って対象車の市場価値を計算するのが常です。

標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。 (さらに…)

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念ながら査定額がつかない事もあります。例えば、需要が少なく10年以上乗った車や走行距離が10万キロを超えてしまっているもの、また、カスタム車とか傷みの激しく動かない車、事故車といったものはその多くが、値段が付きません。 (さらに…)

中古車の買取業者が見積もりの際にチェック

中古車の買取業者が見積もりの際にチェック

中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大きく分けると車体の色や車種などの基本的なスペック、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。 (さらに…)

車の査定を受けるときには他社のパーツを付けている車は

車の査定を受けるときには他社のパーツを付けている車は

車の査定を受けるときには他社のパーツを付けている車は一般的に評価が下がってしまうので純正パーツを元しておいてください。ただし、メーカーのパーツに戻すのに工事費がかかる場合は、戻す金額よりも工事費のほうが高くつく確率が高いため元に戻さずに、そのまま査定依頼をしたほうがいいですね。 (さらに…)

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。 (さらに…)